OYOYO MACHI×ARTCENTER SAPPORO


スケジュール

札幌国際芸術祭2017

SIAFオフィシャルバー「出会い」at OYOYO

日程 2017年8月6日(日)〜10月1日(日)

時間 未定

参加アーティストや関係者も来場する交流バーがまちなかにオープンします。

詳細...>>


札幌国際芸術祭2017

SIAFインフォメーションセンター

日程 2017年8月6日(日)〜10月1日(日)

時間 18:30〜22:30

休館日 月曜日(8/7、9/18は営業)

詳細...>>


札幌国際芸術祭2017/「祭りって 何だ?」 トークライブ part.2

縄文時代からあった祭り・祭祀文化は、それから様々な渡来文化も取れ入れて豊かものになってきました。時代や社会の大きな変化があっても祭が続いてきたのは先人が生きてきたその土地の風土で生き抜くための切実で強い信仰心があったことと、呪術により生まれるトランシーで「楽しい祭り空間」がそこにあったからでしょう。神楽は縄文から続くこの列島の祭祀文化の流れの中心にあり、現在も多様に存在しています。不思議な舞や豊かな音楽文化としてのお囃子や神歌、美術としての祭場の装飾などすべてがマジカル。神楽には注目すべきこの列島文化のキモの要素があるので、なるべくたくさんの映像を紹介して神楽の豊穣な世界にご案内します。

トークゲスト 三上 敏視( 音楽家、神楽・伝承音楽研究家)
日程 2017 年8 月17 日[ 木]   
時間 18:30 開場 / 19:00 開演  
入場  無料  
会場 OYOYO [ 札幌市中央区南1 条西6 丁目 第2 三谷ビル6 階]

※当日はアルコール、ドリンク各種をご用意しております(有料)。どうぞゆっくりお過ごしください

三上 敏視  Toshimi Mikami
音楽家、神楽・伝承音楽研究家。多摩美術大学美術学部非常勤講師。
93 年に別冊宝島EX「アイヌの本」を企画編集。
95 年より奉納即興演奏グループである細野晴臣& 環太平洋モンゴロイドユニットに参加。太鼓、ギター、ディジェリドゥーなどを演奏する。05年から06年にかけての細野晴臣&東京シャイネスではアコーディオンを担当。04 年5 月daisyworld discs から高遠彩子をボーカルに迎え、MICABOX 名義でアルバム『ひねもす』をリリース。06 年6 月にイギリス・ロンドンで開催された「City of London Festival」で木津茂理をゲストに単独ライブを行う。
日本のルーツミュージックとネイティブカルチャーを探していて里神楽に出会い、その多彩さと深さに衝撃を受け、これを広く知ってもらいたいと01 年9 月に別冊太陽『お神楽』としてまとめる。その後も辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、09 年10 月に単行本『神楽と出会う本』( アルテスパブリッシング) を出版、初の神楽ガイドブックとして各方面から注目を集める。映像を使って神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動も全国各地で行っている。神楽の国内外公演のコーディネイトも多い。
現在は神楽太鼓の繊細で呪術的な響きを大切にしたモダンルーツ音楽を中心に多様な音楽を制作、ライブ活動も奉納演奏からソロ、ユニット活動まで多岐にわたる。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作品もあり、気功・ヨガ愛好者にBGM としてひろく使われている。

詳細...>>







twitter